ナーバスの意味とは

スポンサーリンク

ナーバスの意味

ナーバスとは、「神経質になっているさま」です。

ちょっとしたことにも過剰に反応してしまう状態のことを言います。

イライラしているときに使われることが多いですが、びくびくしたり、くよくよしたりしているときにも使います。

神経質になっている状態ならどんな気分にでも使えるということです。

普段よりも神経が過敏になっている状態をあらわすので、もともと「短気な人」や「常にイライラしている人」のことではありません。

また、英語では緊張していることを「I’m nervous.」と言うので、カタカナ語としてもまれに「緊張している状態」や「緊迫している状態」を意味することがあります。

言葉としても、気持ちとしてもいいものではないので、なるべくナーバスにならないように気を付けたいですね。

使い方(用例)

・彼女は今ナーバスになってるのでほっといてあげたほうがいい。

・受験期はみんなナーバスで空気がよくない。

・今日の会議はナーバスな雰囲気だったな。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする