ネカマの意味とは

スポンサーリンク

ネカマの意味

ネカマとは「ネット上で、女性のふりをする男性のこと」です。

ネットオカマを略した言葉です。

ツイッターなどのSNS上やオンラインゲームによくいるとされ、女性らしい言葉遣いをするなどして女性になりきります。

姿が見えないためネカマの正体を暴くことは非常に難しく、バレない限りはいつまでも続けられるため、はじめはふざけてやっていたものの楽しくてやめられなくなったという男性もいるようです。

ただ女性のふりをしているだけなら問題はありませんが、過去にネカマに騙されたなどの経験がある一部の人からは非常に嫌われている存在でもあります。

逆にネット上で男性のふりをする女性のことは「ネナベ(ネットオナベの略)」と言います。

どうしてネカマになるの?

ネカマの人たちは本当にオカマであったり性同一性障害であるというわけではなく、そのほとんどは男性をからかうイタズラ目的であったり、女性に近づきやすくするためにそうする人が多いようです。

オンラインゲームでは、アイテムなどを貢がせたり男性としてプレイするよりも女性を装ったほうが周りが優しくしてくれるなどの理由でネカマになる人もいます。

とはいえ人をだます行為ですので、遊び半分でするのはやめたほうがいいでしょう。

使い方(用例)

ネカマには注意!

・SNSで知り合ったかわいい子がネカマだったことが判明……。

ネカマやってる友達の話聞いたらそのへんの女子よりよっぽど女子だった。

ネカマだと思ってた人本当に女性だった……。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする