ナイーブの意味とは

スポンサーリンク

ナイーブの意味

ナイーブとは、「純真で繊細な様子」また「世間知らずで未熟な様子」のことです。

日本人が会話の中でよく使うのは、「純粋なさま」という意味ですね。

「彼女はナイーブだよ」と言うように、繊細で傷つきやすい人や感受性が豊かな人の事を指して使うことが多いです。

ネガティブなイメージで使うこともありますが、日本ではどちらかというと、か弱くて守ってあげたくなるような、ポジティブなイメージを持つ人がほとんどではないでしょうか。

しかし英語では、よくない意味で使われる言葉でもあります。

語源・由来

ナイーブの語源はフランス語の「naif」からきています。

もともとは「生まれたままの」という意味の言葉です。

そこから転じて「生まれたころと変わらず素直で無邪気」というように使う場合と、「世間知らず」や「鈍感」という意味で使う場合があります。

英語のナイーブには注意が必要!

日本やフランスではいい意味で使うことがほとんどですが、英語の場合は「馬鹿正直」や「無知」など、比較的よくない意味で使われることが多いです。

先に述べたようにフランス語のナイーブには二つの意味があり、日本語はいい意味を、英語では悪い意味を受け継いだため、このような違いができたんですね。

英語圏の人に「彼女はナイーブだよ」というと「彼女は世間知らずだよ」ととらえられてしまう可能性があります。

なので、「繊細な人」と伝えたいときには、日本語ならナイーブで十分ですが、英語の場合は「sensitive(繊細な)」や「innocent(純真な)」を使ったほうが誤解がありません。

うっかり日本語感覚で使わないように気を付けましょう。

使い方(用例)

・子供はみんなナイーブだ。

・他人の家庭事情はかなりナイーブな話題だから首突っ込むなよ。

・彼女はナイーブなのでよく騙される。

・あの子はナイーブに見えるけど、実は結構腹黒いのよ。

・好きな女性のタイプは、ピュアでナイーブな雰囲気の子だな。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする