虫歯ポーズの意味とは

スポンサーリンク

虫歯ポーズの意味

虫歯ポーズとは、「頬に手を当てたポーズ」のことです。

若い女性の間で2014年ごろから流行しているポーズです。

片方あるいは両方の頬に手を当てたポーズのことを指し、その姿が「虫歯を痛がるポーズ」に見えることから「虫歯ポーズ」と言われるようになりました。

「歯痛ポーズ」と言われることもあります。

女性の間ではかわいいと人気ですが、男性の中には「みんながやっていて気持ち悪い」「何がかわいいのか全然わからない」という人もいて、男女で感じ方に差のあるポーズでもあるようです。

どうしてこんなに人気なの?

人気の理由は、顔の輪郭を隠すことで小顔に見せたりコンプレックスのある部分を隠せたりすること。

また、見せにくいネイルをきれいに見せることができることがあげられます。

2014年の夏には、女性誌の表紙を飾るほとんどのモデルがこの虫歯ポーズをしていたため、憧れのモデルに近づきたいという気持ちでプリクラや自撮りの時にする定番のポーズになったようです。

使い方(用例)

虫歯ポーズって思わずやっちゃうんだよね~。

・写真撮るからみんな虫歯ポーズしてね!

虫歯ポーズ嫌いだから彼女にはマジでやらないでほしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする