ミレニアムの意味とは

スポンサーリンク

ミレニアムの意味

ミレニアムとは、「千年紀」という意味の言葉です。

千年紀とは、世紀と同様に西暦を区切った単位のことです。

わかりやすく「西暦2000年」と考えてもいいと思います。

2000年には、これを新千年紀の始まりとみなす考え方と、キリスト教の大聖年のお祝いとが一体となった祝賀イベントが世界各国で行われ、お祭り騒ぎでした。

最近はあまり使われることはありませんが、2000年生まれの赤ちゃんのことを「ミレニアムベビー」、2000年に結婚することを「ミレニアム結婚」などというように、他の言葉にくっつけて使われることが多かったようです。

キリスト教におけるミレニアム

キリスト教にとってもミレニアムは重要です。

キリスト教の場合は、千年王国と呼ばれる、これまでの世界が終わりをつげ、キリストが新たな千年間を支配する至福千年紀が訪れるという意味で使われます。

もともとミレニアムは、ラテン語で「千年」を意味する言葉なので、キリスト教でも「千年王国」という意味で使われるんですね。

使い方(用例)

ミレニアム用の打ち上げ花火を作成する。

ミレニアムベビーと呼ばれた子たちももう立派な大人だ。

・最近バラエティで活躍しているタレントはミレニアム世代だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする