JKの流行語・卍の意味とは

卍の読み方

まんじ

卍の意味

卍(まんじ)とは、主に女子高生の間で流行している言葉の一つです。

卍は、2016年にめざましテレビのココ調で放送された「女子高生流行語大賞」で1位を獲得した言葉ですが、これといって決められた意味はありません。

テレビ番組でモデルの藤田ニコルさんが「マジ卍」と発言したことや、SNSで多様な使われ方がされていることにより、女子高生以外でも卍を使う人が増えています。

使い方は本当に多様!

卍は主に

  • 写真を撮るときの掛け声
  • やんちゃな人や不良に対して「あいつ卍」と表現
  • 特に意味はないが、テンションが上がった時

に使われている言葉です。

卍を使う場面や相手、その時の気持ちによって意味合いが変わります。

同じ「マジ卍」でも、その時々で意味が全く違うということですね。

最近は「ヤバい」のように、どんな場面でも使える便利な言葉として使われることが多いようです。

絵文字として使うこともある!

SNSでは、卍という言葉に意味がないことを利用して「便利な絵文字」として使う人も増えています。

たとえば、「今週は忙しいぞ卍」という風に書くと、忙しいのが嫌なのか、忙しいから意気込んでいるのかがわからないですよね。

この卍がどういう意味で使われているのかは前後の文脈によって読み解く必要がありますが、たくさんの絵文字の中から気分に合ったものをいちいち選ばなくていい便利さが流行の理由だと考えられます。

よく、そっけない文にならないように”!”などの記号を多用する人がいますが、卍もその1つになったということです。

若い女性に人気のカメラアプリ「SNOW」でも、卍のスタンプが発表され、絵文字としての卍は広がりを見せています。

語源・由来

もともと卍は、ヒンズー教や仏教で用いられるおめでたいマークで、寺院を示す地図記号としても使われている記号です。

記号としての卍は、2012年ごろツイッターで「三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルル」という顔文字が使われはじめたこと、話し言葉としては、Vine6秒動画で人気の大関れいかさんが使ったことによって急速に広まりました。

「三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルル」は、手を高速回転させながら前へ進んでいる様子を表します。

何かに熱中しているとき、または暴走しているときに使う顔文字です。

卍ポーズも人気!

卍が使われるのは、文面や話し言葉だけではありません。

両腕をクロスさせたり、腕やひじを曲げ全身を使って卍の形を作ったりする「卍ポーズ」が人気を集めているんです。

集合写真でやってみたら、一体感が出て楽しさが倍増しそうですよね。

卍ポーズの写真はインスタグラムにも多く投稿されているので、気になる人はチェックをしてみてください。

使い方(用例)

・「写真撮るよ!」「~!」

・「今日のテストかなりだわ」

・「あ~まじ

・「第一志望合格した卍卍卍

・「寝坊した、間に合わないぞ、どうしよう

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク