邁進の意味とは

スポンサーリンク

邁進の読み方

まいしん

邁進の意味

邁進とは、「目的に向かって、恐れることなく突き進むこと」です。

ビジネスなどではよく使う言葉ではないでしょうか。

「まんしん」と読み間違えることが多いことや、漢字が難しいことから、「まい進」と書かれることも多いです。

邁進をかみ砕いていうと、「目的に向かって一生懸命頑張ります」といったニュアンスになります。

迷いのない、前向きでポジティブな印象の言葉ですね。

「まんしん」は別の言葉。

よく読み間違えられる「まんしん」も、別の言葉として存在しており、その場合は「慢心」と書きます。

これは、「心の中で自分を自慢すること。おごり高ぶった心」という意味です。

間違えて使って、誤解を招かないように注意しましょう。

似た言葉(類語)

邁進と似た言葉には「精進」があります。

こちらも、ビジネスではおなじみの言葉ですね。

精進は、「一つのことに集中して、一生懸命努力すること」という意味の言葉です。

もとは仏教用語で、「苦しみと戦うこと」から、「仏道修行に専念して励むこと」を表していました。

ビジネスでは邁進よりも精進のほうが使われることが多いですが、二つの言葉に大きな違いはありません。

「迷わず突き進む時」は邁進、「集中して頑張る時」は精進というように使い分けるといいでしょう。

使い方(用例)

・今回の結果におごることなく、邁進していこうと思います。

・僕にできることは、この計画の成功に向けて邁進することだけです。

・彼は自身の研究に邁進し、やがてその道の第一人者となった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする