ロジックの意味とは

スポンサーリンク

ロジックの意味

ロジックとは、「論理のこと」です。

論理とは、「議論や考えを正しく進めていくための、筋の通った考え方」のことです。

感情的にならず冷静に物事を見て、「〇〇を××にするには、まずは△△して、そのあとに□□する」というように、筋道を立てて考えることですね。

「聞いた人全員が納得する説明の仕方」は「論理的思考(ロジカル・シンキング)」と言われ、ビジネスパーソンに求められる考え方だと言われます。

「理論(セオリー)」との違いは?

論理とよくごちゃまぜになる言葉で「理論」がありますが、これは「実際になにかをやるときの法則や手順などの知識」を意味します。

英語では「セオリー」といい、「浮気をしない人と結婚したほうが幸せになれるのがセオリーよね」などと使ったりします。

カタカナ語としてはこのように「一般論」や「決まったやり方(定跡)」という意味で使われることが多いです。

「論理」と「理論」は漢字が入れ替わっているだけで同じように考えている人も多いですが、論理は「考え方」、理論は「知識」と考えておくと違いが分かりやすいと思います。

使い方(用例)

ロジックがおかしいことには気づいていたが、面倒なので聞き流した。

・変なロジックを持ち出して混乱させないでくれ。

・フリーターがスマホを使ってたった10分で15万円稼いだロジックを紹介!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする