校正の意味とは

スポンサーリンク

校正の読み方

こうせい

校正の意味

校正とは、「仮印刷したものと原稿を読み比べて間違いを見つける作業のこと」です。

校合(きょうごう)とも言います。

出版業界で使われる言葉で、わかりやすく言うと、本などを商品化する前に行う「文章のチェック」のことですね。

また、デザインや発色の様子をチェックすることを「色校正(色校)」と言い、特に発色がチェックされます。

校正が終わることを「校了」と言います。

どうやってチェックするの?

校正は、読者の視点から客観的に文章を読んで文字や文章の誤りを正していく作業なので、ただ読むのではなく、原稿と仮印刷されたもの(ゲラ刷り)を比べてチェックをしていきます。

間違いや直したいところがあった時は、「校正記号」と呼ばれる独特の様式に従って、ゲラ刷りに赤ペンでチェックを入れていきます。

校正をおろそかにしてミスに気付かないまま出版すると大きな損害を生むこともあり、非常に重要な作業です。

使い方(用例)

校正をおろそかにしていたことが後になってわかった。

・出版されるまでに、実に8回の校正を行った。

・時間がなくて校正は徹夜で行われた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする