滑稽の意味とは

スポンサーリンク

滑稽の読み方

こっけい

滑稽の意味

滑稽とは、

  1. おどけていて、おもしろいこと
  2. ばかばかしくてみっともないこと

という意味の言葉です。

いい意味でも悪い意味でも使われる言葉ですが、「ばかばかしいこと」というネガティブな意味で使われることが多いです。

「滑」は「なめらか」という意味、「稽」は「考える」という意味の漢字で、「考えがなめらかなさま」=「頭がよく、口がうまい」というような意味で使われていました。

ここから「面白い」、「ばかばかしい」という意味に分かれていったんですね。

「あなたは面白い人だね」と伝えたいときにはストレートに「面白い」と言ったほうが誤解されずに済むでしょう。

語源・由来

中国古代の歴史書『史記』の篇名として知られており、先にも述べたように、もとは「饒舌なさま」を表す言葉でした。

日本に伝わったころは「笑い」や「ユーモア」と同じような意味で使われ、江戸時代にはおかしみのある話をあつかった通俗小説である「滑稽本」が流行しました。

滑稽本は会話を主体とした文章で、簡単な言葉のひっかけや下ネタ、常識はずれの言動などで読者の笑いを誘う読み物です。

また、滑稽本に書かれている話は落語で演じられることもあったそうですよ。

使い方(用例)

・彼の書く小説は滑稽で面白いよ。

・騙されていることにも気づかないで笑っている君の姿はとても滑稽だったよ。

・ネットの匿名掲示板でイキってる人たちって本当に滑稽だよな。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする