牽制の意味とは

スポンサーリンク

牽制の読み方

けんせい

牽制の意味

牽制とは「相手の注意を自分に引き付けて、自由に動けないように威圧すること」です。

漢字が難しいので、「けん制」と書かれることも多いです。

政治のニュースなどで「国家を牽制する」と言っているのを聞いたことがある人も多いと思います。

これは、発言などで相手の国に威嚇をしたりすることで、自由に行動できないようにすることです。

また、恋愛などの人間関係でも、好きな人をライバルにとられないように、自分のほうが優位に立っているようなことを言ったり、ライバルが悩むようなことを言ったりすることを指して使います。

他にも、会社の会計処理や一般事務では、不正を防止するために、記帳を2人以上の係に分担したりする「内部牽制」を行っていることが多いです。

スポーツで使われる牽制

スポーツの試合などで「上手く相手選手を牽制している」と言ったりしますよね。

これは、「戦略として自分の望む方に引き止めたりすること」という意味で使われています。

たとえば、相手チームで優秀だと言われている選手を徹底的にマークして、パスを回させないようにすることなどが牽制です。

野球では、盗塁を阻止するために一塁に投げる球のことを牽制球と言い、牽制と略して使われることもあります。

使い方(用例)

・あの物言いは僕に対する遠回しな牽制だったのだろうか。

・楽天の投手による見事な牽制が決まった。

・猫がお互いを牽制しあってる動画がかわいい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする