懸念の意味とは

スポンサーリンク

懸念の読み方

けねん

懸念の意味

懸念とは「気にかかって不安に思うこと」です。

問題点や不安な点を指摘するときに使います。

簡単に言うと「心配する」という意味の言葉です。

ニュースや新聞など、かたい文章で使われることが多く、日常的な会話ではあまり使うことはありません。

もともとは仏教用語で、「一つのことに集中する」という意味で使われていた言葉で、「執着する」という意味もあります。

そのため、ただ心配するというよりも、「心配事が心から離れず不安に思うこと」という意味合いが含まれます。

似た言葉(類語)

懸念に似た言葉には、先に述べた「心配」のほかに、「危惧(きぐ)」や「不安」もあります。

危惧とは、「悪い結果にならないか心配すること」という意味の言葉です。

懸念と危惧は非常に似ていますが、懸念は「漠然とした不安」を表し、危惧は「明確な理由による不安」を表します。

懸念は、何かが起きるかもしれなくて不安な状態を、危惧は、遅かれはやかれ訪れる明確な事柄を不安に思う状態という意味になります。

使い方(用例)

・何かを懸念しているような表情の彼女。

・外来種の持ち込みによる生態系への影響が懸念される。

・表現の自由が侵される懸念を表明した。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする