経緯の意味とは

スポンサーリンク

経緯の読み方

けいい・いきさつ

経緯の意味

経緯とは、「物事の入り組んだ事情のこと」です。

結果に至るまでの細かないきさつのことを指します。

ビジネスでも、ニュースやドラマなどのテレビ番組でも使われることが多いですね。

経は、「縦、経糸」という意味、緯は、「横、横糸」という意味をもつ漢字です。

結果に至るまでの過程という意味の経緯は、「縦糸と横糸が入り組んだような、複雑な事情のこと」という比喩表現なんですね。

また、地理などで出てくる「経度」や「緯度」も、漢字のもともともの意味である「縦、横」から来ています。

ほとんどの場合は「いきさつ」という意味で使われますが、まれに「縦横」という意味で使われることもあるので、気に留めておきましょう。

使い方(用例)

・こうなった経緯を説明されたけど、不明瞭な点が多く反感を持った人も多かったようだ。

・新システム導入の経緯を、社長自ら語った。

・どういう経緯でこの二人が結婚することになったのか気になる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする