甲斐性の意味とは

スポンサーリンク

甲斐性の読み方

かいしょう

甲斐性の意味

甲斐性とは、「生活能力が高く、頼りがいがあるさま」です。

「かいしょ」と言うこともあります。

物事をやり遂げようとする気力や根性のことを解消ということもありますね。

多くの場合は、男性に対して「甲斐性がある」や「甲斐性なし」という風に使います。

根性があって頼りがいのある、いわゆる「男らしい」男性を表す言葉です。

また「甲斐」という言葉は、「生きがい」や「やりがい」などにも用いられていて、この場合は「生きる価値」や「張り合い」などの意味を持ちます。

甲斐性がある男性の特徴

甲斐性がある男性は、しっかりと働き、経済力があるなど生活能力が高い人を指します。

性格もまじめで誠実な人や、恋人や配偶者をないがしろにしないような人が多いです。

簡単に言うと「働き者でモテるタイプ」ですね。

甲斐性がない男性の特徴

一方、「甲斐性なし!」と呼ばれる男性は、いわゆる「ダメンズ」です。

お金がないのにギャンブルをやり続けていたり、何をやるにも気力がない人などがあげられます。

彼女にだけ働かせて自分は一切仕事をしない「ヒモ男」も、甲斐性なしの男性の代表例です。

甲斐性なし男の中には、付き合う前はイケメンで優しかったのに、恋人になった途端に仕事を辞めて、浮気もして……というタイプもいるので、女性はしっかり見極められるようになりましょう。

使い方(用例)

・彼はなかなか甲斐性もあるし、結婚相手にもってこいだと思うよ。

・「浮気が男の甲斐性だ」なんて時代はとっくに終わってんだよ。

・うちの旦那は本当に甲斐性なしで恥ずかしいよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする