可否の意味とは

スポンサーリンク

可否の読み方

かひ

可否の意味

可否とは、「いいか悪いか」「賛成か反対か」という意味の言葉です。

日常で使うことはあまりありませんが、ビジネスではよく使わわれる言葉です。

特に、会議や書類で、「いいか悪いか=賛成か反対か」を問いたいときに使われます。

ほかにも、結婚式の招待状などで「出欠の可否」というように、「出席するかしないか」の意思確認として使われることもあります。

使い分けられますか?「有無」や「是非」

可否に似た言葉には、「有無」や「是非」があります。

この二つもよく使われる言葉ですが、使い分けはできますか?

「有無」は、字の通り「あるか、ないか」という意味の言葉です。

「持病の有無」や「恋人の有無」など、ある物事などが存在するかしないかを意味します。

また、「有無を言わさず」と言うと、「相手の承認不承認に関わらず、物事を強いること」という意味になります。

「是非」は、「正しいか正しくないか」という意味の言葉です。

「是が非でも」と言うと、「なにがなんでも」という意味になります。

使い方(用例)

・撮影の可否を確認してください。

・レストランの入り口にはクレジットカード使用の可否が書いてある。

・荒天の時、ワンマン電車の運転の可否は運転手に任されている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする