受領の意味とは

スポンサーリンク

受領の読み方

じゅりょう・ずりょう

受領の意味

受領とは、「受け取ること」という意味の言葉です。

お金や品物、メールや書類など、受け取るものが何であっても使える言葉です。

ビジネスでは、メールや書類を受け取った時に「受領いたしました」と返事をすることが多いと思います。

「受領しました」というのは、「受け取りました」を丁寧に言った言葉なので、ビジネスではよく使われるんですね。

なお、重要な取引先や目上の人に「受け取ったこと」をもっと丁寧に言いたい場合は「拝受」を使うとより良いでしょう。

「ずりょう」と読む場合は?

現在は受け取るという意味の「じゅりょう」と読むことがほとんどですが、まれに「ずりょう」と読む場合があります。

これは、「平安中期以降、実際に任国に赴任して政務を執った国司の最上席の者」という意味の言葉です。

現代ではほとんど使われませんが、歴史などを勉強しているとこの言葉が出てくるかもしれません。

読み方が違うと意味も違うということを覚えておきましょう。

使い方(用例)

・座席指定券をみどりの窓口で受領する。

受領書にサインをお願いします。

・設計図受領の確認メールが届いた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする