常考の意味とは

常考の読み方

じょうこう

常考の意味

常考とは、「常識的に考えて」を略した言葉です。

事件や事故、不祥事などのニュースなどに対して、もっともな批判を言うときや、相手をたしなめるときに使います。

「そんなの普通に考えたら当たり前にわかるだろ」というニュアンスですね。

さらに省略して「jk」と書かれることもあります。

しかし、jkにはほかにも「女子高生」や「冗談は顔だけにしろ」、「自宅警備員」の略としても使われることがあるので、文脈をしっかり読むことが大切です。

最近は、常考を「常識」という意味の単語として「常考的に考えて」という使われ方も増えてきているようです。

語源・由来

2006年、2ちゃんねるに登場した「やらない夫」という、アスキーアートで書かれるキャラクターのセリフが由来です。

やらない夫とは、当時すでに2ちゃんねるで人気だったキャラクター「やる夫」の仲間で、細長い見た目をしたキャラクターで、最初はやる夫の横顔を表すものでした。

しかし丸顔のやる夫の横顔にしては細長すぎて「キモイ」との書き込みがあり、それに対して「キモイはないだろ、常識的に考えて」とアスキーアート付きで返事をしたことから、キャラが確立し、流行しました。

今ではやらない夫も人気キャラとして、2ちゃんねるによく書き込まれるそうですよ。

使い方(用例)

・そんな説明でわかるやついるわけねーだろ常考

常考的に考えて好きじゃない人に言い寄られてもキモいだけ。

・子供が店の物を壊したら親が謝るだろjk

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク