自尊心の意味とは

スポンサーリンク

自尊心の意味

自尊心とは、「自分を大切に思う気持ちや、自分の行動に自信がある態度」のことです。

「自尊感情」や「自己肯定感」とも呼ばれます。

明るく素敵な人生を送るために必要な気持ちで、「心の力」とも言われる気持ちです。

2016年に大流行したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の中でも解説シーンがあり、自尊心について知ったり、共感したりした人も多いのではないでしょうか。

自分の自尊心を意識することで、もともと持っている能力が発揮され、人生をより素晴らしいものにできるとされています。

また、自尊心は生まれ持って決められるものではなく、「自分がどんな存在かを意識すること」「思いやりのある行動をすること」「失敗しても自分を責めすぎないこと」などによって高めることができるものでもあります。

ぜひ自尊心を高めて、自分らしく生きていきたいものですね。

似た言葉(類語)

自尊心に似た言葉には、「プライド」があります。

プライドとは、日本語では「誇り」と訳される言葉です。

また、辞書でプライドを調べると、自尊心という意味も書いてありますし、プライドと自尊心は同じものだと思っている人も多いと思います。

しかし、負けず嫌いな性格の人などを「プライドが高い人」というように、プライドはネガティブな意味合いで使われることが多い言葉でもあります。

自尊心とプライドの違い

自尊心は「自分を大切に思う気持ち」=「自分に対する自信からくる気持ち」のことです。

しかし、プライドは英語だと「思い上がり」「高慢」という意味を持つ言葉で、「劣等感によって他人と自分を比べる気持ち」を指します。

自尊心は自分自身から生まれる揺るぎのないプラスの気持ち、プライドは他人と自分の間で生まれ、簡単に揺らいでしまうマイナスの気持ちととらえられますね。

プライドが高い人は、実は傷つきやすくて自尊心が低い人が多いので、それを隠すために高飛車な態度をとってしまうこともあります。

使い方(用例)

自尊心を高めることはとても大切なことだ。

自尊心が強い彼女は輝いている。

自尊心を大切に生活をしている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする