実直の意味とは

スポンサーリンク

実直の読み方

じっちょく

実直の意味

実直とは、「真面目で正直なさま」です。

「実直な人」「実直な仕事ぶり」など、その人の性格や振る舞いが真面目なさまや、律儀なさまを表す言葉です。

約束の時間を必ず守ったり、仕事でコツコツ努力をし続けたりすることで誰でも実直な人になれます。

取り柄がないなあと思いがちの人は、ぜひ目指してみることをお勧めしますよ。

嫌がる人もいなくはない……?

ごくまれに、実直を「融通の利かない、おかたい人」と捉える人もいるようですが、基本的には褒め言葉です。

物事に真剣に向き合う姿勢が評価されているんだなと考えましょう。

実直を使った四字熟語

「謹厳実直(きんげんじっちょく)」という四字熟語があります。

「謹厳」とは、慎み深くて厳かなさまのこと。謙虚な姿勢と考えてもいいと思います。

誠実で真面目な人間を表す言葉です。

基本的には褒め言葉ですが、たまに「クソまじめ」というニュアンスで馬鹿にしたような使い方がされることもあります。

もし悪いほうに捉えられてしまったときはフォローを入れてあげましょう。

使い方(用例)

・彼は実直な仕事ぶりが評価されて、若年ながら管理職に昇格した。

・あの人の実直さには目を見張るものがあるよね。

・そんな事件を起こすなんて思えない、立派で実直な人なんですよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする