イモるの意味とは

スポンサーリンク

イモるの意味

イモるとは、「おじけつくこと」、「緊張しておどおどすること」です。

「ビビる」や「チキる」と同じような意味で使われます。

イモるの”イモ”は、「田舎者」や「センスがない」という意味の「いもっぽい」が語源です。

ただし、「田舎者が都会に出てきておどおどしている様子」というところからできた言葉なので、直接的に「田舎者っぽい」という意味で使うことはありません。

2012年頃から使われている若者言葉で、その年の「女子中高生ケータイ流行語大賞」にもランクインしています。

ちなみに、関西弁でも「イモる」があり、若者言葉としてのイモると全く同じ使い方をするそうです。

ゲーム用語の「イモる」

オンラインゲーム内でも「イモる」が使われることがあります。

その場合は、「プレイヤーが一つの場所にとどまり続けること」という意味になります。

これは「イモムシがある場所から動かないこと」からできた言葉です。

ユーザーからは嫌われる行為でもあるので、注意しましょう。

使い方(用例)

・このイベントめっちゃ行きたいけど、パリピばっかりでイモりそう……。

・知らない人ばっかりの場所だとすぐイモるよ。

・スナイパーでずっとイモってるやつムカつく。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする