イミテーションの意味とは

スポンサーリンク

イミテーションの意味

イミテーションとは、「真似して作ったもの」「真似をすること」という意味の言葉です。

特に宝石などの模造品や、推理小説などで使われる言葉です。

イミテーションジュエリーと言えば、「模倣して作られた宝石」を指し、プラスチックやガラスを加工して宝石に似せて作った石という意味になります。

また、有名人のファッションを完ぺきに真似たりすることもイミテーションと言えます。

さまざまな「模造品」や「真似」に対して使える言葉です。

似た言葉(類語)

イミテーションに似た言葉には、「フェイク」や「ダミー」があります。

フェイクとは、「ねつ造する」「~のように装う」という意味の言葉です。

ダミーとは、「本物のかわりとなる見本品」という意味の言葉で、マネキン人形のことを指して使うこともあります。

どちらの言葉も「偽物」や「真似して作ったもの」という意味で使われ、そこまで明確な使い分けはされていません。

使い方(用例)

・この宝石はイミテーションだよ。

・動物保護の観点から、ジュエリーで象牙やべっ甲はイミテーションを使うことが増えた。

・今日お持ちしているものはイミテーションですが、当日は本物をご用意します。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする