イリュージョンの意味とは

スポンサーリンク

イリュージョンの意味

イリュージョンとは、

  1. 幻覚や錯覚のこと
  2. 大掛かりな道具を利用するマジックのこと

です。

もともとは、幻覚や錯覚のことを指す言葉です。

最近は、派手な空中浮遊や人やものが消えるなどの幻想的な手品のことを言う場合がほとんどですね。

「マジック」がトランプやコインなどを使う小規模なものを含むのに対し、イリュージョンは大型の仕掛けを使ったもののことを指します。

有名なマジシャンであるミスターマリックさんやマギー史郎さんらのマジックに比べると、その仕掛けの大きさがわかりやすいですよね。

また、マジック以外にも美術の分野では「二次元の画面上で、奥行や遠近感を感じさせる効果」のことを指して用いられます。

日本のイリュージョニスト達

イリュージョンを行う奇術師のことを「イリュージョニスト」と言います。

日本人で有名なイリュージョニストといえば、プリンセス天功さんですね。

また他にも、1998年に国際的なマジックの大会「FISM」のグランドイリュージョン部門で3位に入賞した「ナポレオンズ」や、「てじな~にゃ!」の掛け声でおなじみの「山上兄弟」があげられます。

山上兄弟は2002年に最年少のイリュージョニストとして、ギネスにも認定されているんですよ。

使い方(用例)

・光の角度によってイリュージョンが見えただけですよ。

・彼が見せたイリュージョンは完璧に私たちをだましていた。

・彼女の脱出イリュージョンには手に汗握らされたよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする