意向の意味とは

スポンサーリンク

意向の読み方

いこう

意向の意味

意向とは、「どうするともりかという考え、思惑」という意味の言葉です。

「お客様の意向」、「上司の意向」など、ビジネスでは特によく使われる言葉です。

ある事柄について、「誰がどういう風に考えているのか」ということや、「本心」を意味します。

“意”は「考え」、”向”は「むかう」という意味の漢字で、この二つを合わせて「考えの向かうところ」と言う意味になります。

ちなみに、意向は敬語ではなく相手が目上でも、目下の後輩でも誰にでも使うことができます。

敬語として使いたいときには、「ご意向」とすると丁寧な表現になると覚えておきましょう。

似た言葉(類語)

意向に似た言葉には「所存」があります。

所存とは、「心に思うところ、考え」という意味の言葉で、「思う」や「考える」の謙譲語です。

「~するつもり」や「~したい」ということを伝えるときに使える敬語の1つです。

主に自分の考えを目上の人に伝えるときに使う言葉で、ビジネスでもよく使われますね。

なお、「~と思う所存です」と使う人が多いですが、これは「~と思うと思います」という意味になってしまうので間違えないように注意しましょう。

使い方(用例)

・上の意向は変わりそうにないぞ。

・彼の意向と彼女の意向は真逆で、いつもぶつかり合っている。

・芥川賞の選考辞退の意向についても会見で語った。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする