一蓮托生の意味とは

スポンサーリンク

一蓮托生の読み方

いちれんたくしょう

一蓮托生の意味

一蓮托生とは、「ものごとの善悪に関わらず、最後まで運命や行動を共にすること」です。

分かりやすく言うと、「運命共同体」のようなものです。

「ものごとの善悪に関わらず」とは言いますが、だいたいの場合は悪いことを共にすることという意味で使われます。

運命を共にする間柄を意味するので、悪いこと以外では、夫婦や親子などの家族関係や上司と部下などの組織関係などにも用いられる言葉です。

もともとは仏教用語!

一蓮托生はもともと仏教用語で、「死後、浄土で同じ蓮の花の上に生まれ変わること」という意味の言葉です。

仏典にはなく、日本の浄土信仰から生まれた考え方です。

浄土教では、現世で念仏を唱えることで、死んだ後に浄土で蓮の花の上に生まれ変わるという教えがあるんですね。

蓮の花は仏教では非常に神聖な花で、お釈迦様の台座にもなっています。

生前に連れ添った夫婦や友人と、また一緒に暮らそうという願いと、救いが込められた言葉です。

使い方(用例)

・この車に乗っている限り、私たちは一蓮托生だ。

・結婚するなら一蓮托生の覚悟をちゃんと持ってね。

・君と僕は何があっても一蓮托生だよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする