ひよるの意味とは

スポンサーリンク

ひよるの意味

ひよるとは、「怖気ついてビビること」「積極的にかかわらず、傍観すること」という意味の言葉です。

ネット上でも日常会話でも、若者を中心に結構使われる言葉です。

怖気ついたり、ビビったりしたときなどに使います。

また、積極的になれないときや、気弱になっているときにも使われ、ネット上では相手を煽るための文句として使われることもあります。

「ピヨる」と言うこともあります。

語源・由来

1960~70年代、学生運動をしていた学生が使い出したと言われています。

ひよるは「日和見(ひよりみ)」という言葉が語源です。

日和見とは、「有利な方につくために、形勢をうかがうこと」という意味です。

もともとは船頭さんが天気の様子を見て、出向するかどうかを決めていたことからこのような意味になったと言われています。

学生運動では、この日和見に近い意味で、「自分の意見を主張せず一度保留にすること」を「ひよる」と使っていたそうです。

ここから、「自分の意見を言わない=ビビってる」という意味に変わっていき、現在は「ビビる」という意味で使われるようになったとされています。

使い方(用例)

・やる気満々だったけど、本番を前にしてひよるタイプ。

・あいつめっちゃピヨってんじゃんwww

・牛肉高すぎてスーパーで一人ヒヨったよね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする