ヒトカラの意味とは

スポンサーリンク

ヒトカラの意味

ヒトカラとは、「一人でカラオケをすること」を略した言葉です。

「一人カラオケ」の略です。

カラオケの練習やストレス発散のために、カラオケボックスで一人でカラオケすることを指します。

現在はヒトカラ専門店もあり、10代の若者から高齢者まで幅広い年代の人がヒトカラを楽しんでいるようです。

「ヒトカラ」という言葉は2003年ごろから使われており、2ちゃんねる発祥だとされています。

ヒトカラの歴史

当時のカラオケの料金ほとんどが「一部屋当たり」の計算でしたが、2002年から「一人当たり」に変わったため、ヒトカラする人が増えたそうです。

また、1人で食事をしたり出かけたりする「おひとりさま」文化が流行し始めたこともあり、ヒトカラは市民権を得ていきます。

ヒトカラは「寂しい」「恥ずかしい」という声も多くありましたが、一部の女性芸能人がブログで「ヒトカラが好き」と書いたことでヒトカラする人も増えたと言われています。

使い方(用例)

・今日休みだしヒトカラでも行こうかな~。

・趣味はヒトカラです。

ヒトカラやってみたら意外と楽しくてハマった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする