品行方正の意味とは

スポンサーリンク

品行方正の読み方

ひんこうほうせい

品行方正の意味

品行方正とは、「行いがきちんとしていて正しいこと」という意味の言葉です。

道徳的にきちんとしていて、模範的なさまを表します。

品行とは、「普段の行いやふるまいのこと」で、方正とは、「心や行動が正しいこと」という意味です。

つまり、たとえば仕事中や、目上の人と一緒にいるときだけ礼儀正しいような人のことではなく、いつでもどこでも礼儀正しく、お手本になるような行いができるような人が品行方正ということです。

基本的には褒め言葉として使われますが、最近は「きちんとしていること」という意味を「真面目過ぎる」と捉え、皮肉や嫌味で使うこともまれにあります。

語源・由来

「品行方正」という言葉は、中国や日本の書物には書かれた記録がないため、似たような言葉から派生してできた言葉だとされています。

中国の『菅氏』に、「身行方正」という表現が見られるため、ここから来ているのではないかと言われています。

使い方(用例)

・彼の品行方正な態度はご両親の教育のたまものだろう。

品行方正を売りにしているアイドル。

・あの子は品行方正ではないが、不良でもないよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする