弊社の意味とは

弊社の読み方

へいしゃ

弊社の意味

弊社とは、「自分の会社をへりくだって言う言い方」です。

社会人にとっては必ず覚えていないとまずい言葉ですね。

へりくだるとは、自分の立場を低めて、相手に敬意を表すことです。

そのため、弊社は取引先や消費者など、自分たちに有益なことをしてくれる「社外の人たち」に向けて使います。

当社との使い分け

自分の会社を表すときには「当社」という言い方もしますが、これは「社内の人たち(身内)」に向かって使うことが多いです。

社長から社員へスピーチをするときなどに「当社の来年の目標は……」と使います。

「当社」という言葉にはへりくだる意味合いはなく、相手と対等な姿勢を表すため、強気の交渉の際には弊社よりも当社を使ったほうがいいでしょう。

また、「当社比」のように、性能の向上を示す公の指標としても使われます。

反対の言葉(対義語)

弊社(当社)の反対の言葉は、「御社」「貴社」です。

弊社が自分の会社を表す言葉ですから、もちろんこの二つの言葉は「相手の会社を敬った言い方」です。

御社と貴社の使い分けは?

この二つの使い分けとしては、「貴社」はメールなどで書き言葉として使われることが多く、「御社」は書き言葉としても、話し言葉としても使えるということです。

貴社を話し言葉として使ってもマナー違反ではありませんが、御社を使うほうが自然ですね。

迷ったら御社を使うのが無難かなと思います。

くれぐれも「弊社」と「御社」を間違えて使わないようにしましょう。

使い方(用例)

弊社ではそのようなサービスは行っておりません。

・本日放送される番組で、弊社の製品が特集されます。

・ただいま弊社ではキャンペーンを行っております。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク