ハレルヤの意味とは

スポンサーリンク

ハレルヤの意味

ハレルヤとは、「主をほめたたえよ」という意味の言葉です。

神を賛美し、喜びを表す言葉です。

キリスト教の聖歌や賛美歌によく使われます。

また、神様への感謝や素晴らしさ、喜びを感じた時に感嘆詞として使うこともあります。

JPOPの歌詞としてもよく用いられる言葉ですが、その際は神への賛美という意味ではなくただ天気が「晴れる」ことなどとかけている場合が多いです。

語源・由来

ハレルヤは、「賛美する」という意味のヘブライ語「ヒッレール」の複数命令形の「ハレル」と、ユダヤ教の神であるヤハウェを略した「ヤー」を合わせたものです。

つまりハレルヤは、旧約聖書に登場するヤハウェという神様をほめたたえるという意味の言葉なんですね。

なお、ヤハウェはユダヤ教の神ですが、同時にキリスト教やイスラム教の神でもあります。

イスラム教もキリスト教もユダヤ教から生まれたものであるため、「アラー」も「ゴッド」もヤハウェと同じ意味になるのです。

礼拝音楽としてのハレルヤが、キリスト教に取り入れられたのは4世紀ごろだと言われています。

使い方(用例)

・「ハレルヤ」と何度も繰り返し叫ばれた。

・こんなに素晴らしいハレルヤコーラスを聴いたのは初めてだ。

ハレルヤと言うみんなの明るい声が響いた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする