捗るの意味とは

スポンサーリンク

捗るの読み方

はかどる

捗るの意味

捗るとは、「ものごとが順調に運ぶこと」です。

作業などが順調にどんどん進むことを言い、「仕事が捗る」というように使います。

漢字の読みが難しいので、聞けばわかるけど見たら読めない人も多いのではないでしょうか。

ネット上ではよく「こだわる(正しくは拘る)」や「ちょくる」という読み間違えがされているようです。間違えないように注意しましょう。

語源・由来

捗るの語源は、平安時代の「はかが行く(はかがゆく)」という言葉です。

捗るという言葉になったのは江戸時代と言われており、「はか」は、「はかる」などと同じ言葉から派生しています。

「はかる」は本来、仕事の分担や目標・進み具合を表す言葉なので、そう考えるとわかりやすいですね。

ネットスラングとしての「捗る」

捗るは、ネット用語としてもよく使われる言葉です。

この場合は、作業が順調に進むという本来の意味だけでなく、もっと広い意味で「いい感じになる」というニュアンスで使われています。

ネット上で使われる際には漢字で書かれることが多く、理由としてはユーザーの間で「読み間違えやすい漢字を使いこなせるという優越感」のサイクルができたためと言われています。

元ネタは2ちゃんねるのスレッドタイトル『ファイラー使えよ 色々と捗るぞ』だと言われており、2011年ごろからよく使われるようになりました。

このスレッドタイトルから「色々捗るぞ」というように用いられることも多いです。

使い方(用例)

・妻の弁当がうまかったから、午後の仕事がはかどるなあ。

・旅行から帰ってきて以来、想像が止まらなくて筆が捗るぞ。

・お前ら早寝しろよ、明日の朝色々捗るぞ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする