グローバルの意味とは

スポンサーリンク

グローバルの意味

グローバルとは、「世界規模であるさま」です。

「グローバル企業」や「グローバル化」など、最近よく耳にする言葉ですね。

グローバル企業は、以前は「たくさんの国籍の従業員を雇っている会社」を意味していましたが、今では「世界進出した企業」を意味する言葉です。

1990年代半ば、バブル崩壊のあと国際基準を意味する「グローバルスタンダード」という言葉が多用されたことから広まったと言われています。

ITによる全世界的な統一規格化が進んだことで、コンピューター関連では「汎用の(広くいろいろな方面に用いること)」という意味でも使われます。

語源・由来

「球体」を意味するグローブ(globe)が語源です。

球体から「地球」を意味する言葉になり、そこから転じて「地球規模の・全世界規模の」という意味になりました。

似た言葉(類語)

似た言葉で「インターナショナル」と「ユニバーサル」があげられます。

インターナショナルは「国際的な」、ユニバーサルは「宇宙」を示すので、規模で考えると違いが分かりやすいです。

ちなみに、規模が狭い順に「インターナショナル<グローバル<ユニバーサル」となります。

「国際的な」という意味で使われるインターナショナルですが、これはグローバルのように「全世界をひっくるめた」という意味ではなく、たとえば、日本とアメリカのような「国家間」を意味する言葉です。

グローバル化って具体的にどういうこと?

技術の進化や、規制の緩和によっていろいろなものが国境を越えて行きかうようになる状態のことを「グローバル化」といいます。

たとえば、昔に比べると海外旅行が楽になったことや、輸入品が簡単に手に取れることなどはグローバル化によって起きたことです。

旅行や貿易で、ものが人が世界中を行きかうようになるため、お金もその分動きます。

グローバル化によって世界経済は成長していますが、一方で貧富の格差が拡大しているという現実もあります。

使い方(用例)

グローバルな人材の育成に力を入れたい。

グローバル企業として成功した会社。

グローバル化に対応するため、様々な外国人向けサービスを開発してる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする