ガラケーの意味とは

スポンサーリンク

ガラケーの意味

ガラケーとは、「スマートフォン以前の携帯電話端末のこと」です。

「ガラパゴス携帯」を略した言葉で、スマートフォンが出てくる前、一番主流だった携帯電話のことです。

現在はフィーチャーホンと呼ばれるものです。

スマホに比べると通信速度などは劣るものの、電池持ちの良さや壊れにくさ、操作の簡単さはスマホよりも上だと言えるでしょう。

実際、スマホからガラケーに乗り換える人なども多数おり、まだまだ支持者は多いです。

また、スマホとの対比として、「旧来の携帯電話端末」という意味で使われることもあります。

どうして「ガラケー」ができたの?

ガラケーは世界標準の通信方式を採用しておらず、日本人が使いやすいように作られました。

日本人にとってはお馴染みのワンセグや着うた、おサイフケータイなどの機能は、日本で独自に開発されたものです。

つまりガラケーは、海外との通信規格が違ったためにできた、日本人のための携帯電話なんですね。

また、スマートフォンでもアンドロイド携帯は、日本独自の進化を遂げているため「ガラホ」「ガラスマ」と呼ばれることもあります。

「ガラパゴス」って何?

ガラパゴスは、「ガラパゴス諸島」のことです。

ガラパゴス諸島とは、エクアドル本島から西に900キロメートル離れた場所にある島々のことを指します。

ガラパゴス諸島は外部とは隔離されて独自の進化を遂げた生物が多くいる島です。

日本のガラケーも先に述べたように、日本人のニーズに合わせた独自の進化を遂げていることから、このような名前になりました。

使い方(用例)

ガラケーの時の癖が抜けなくてフリック入力下手なんだよね。

・あんたまだガラケー使ってんの?

・ぶっちゃけ、スマホよりガラケーのほうが性に合ってる気がするわ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする