布石の意味とは

スポンサーリンク

布石の読み方

ふせき

布石の意味

布石とは、「将来のために、あらかじめ手はずを整えておくこと」です。

「布石を打つ」と言って使ったりします。

たとえば、将来昇進するために若手のうちから営業成績をあげたり、上司やクライアントとの信頼関係を築いたり、人より仕事に一生懸命取り組んだりすることが「布石を打つ」行為です。

先々のために前もって準備しておくことだと考えるとわかりやすいでしょう。

語源・由来

布石はもともとは囲碁用語で、「試合の序盤に、展開を考えて石を配置していくこと」という意味の言葉です。

先回りした一手を打つことが、「将来に起こることのために準備する」という比喩として、現在使われている意味になったんですね。

「布」という字には「敷く」という意味があります。

これに石がついて、「碁石を敷く=碁石を配置する」という意味になります。

似た言葉(類語)

布石に似た言葉で「伏線(ふくせん)」があります。

伏線は、「小説などで、あとの展開に関連することをほのめかすこと」「あとのことがうまくいくように準備しておくこと」という意味の言葉です。

「伏線を張る」というように使われたり、伏線がわかったことを「伏線回収」と言ったりします。

「布石」と「伏線」の違いは?

布石は「将来のために準備すること」で、伏線は「後に起こることをほのめかすこと」です。

どちらも「後に起こることのために何かをやること」という意味が含まれていますが、この二つの違いは、「準備しているものが隠れているかいないか」ということです。

たとえば、布石は、「高得点を取るために”勉強”する」とやることが明確にわかります。

一方で伏線は、「よくわからない意味深な発言」などを表し、事件が解決してから「あれか!」とわかるものです。

そのため意味は似ていますが、まったく違う使い方をします。

使い方(用例)

・今のうちに取り入って、昇進のための布石を打とう。

・この苦労も、老後のための布石だと思えば頑張れる。

・今までの経験はすべて素晴らしい未来への布石となるだろう。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする