普遍的の意味とは

スポンサーリンク

普遍的の読み方

ふへんてき

普遍的の意味

普遍的とは、「すべてのものに共通しているさま」という意味の言葉です。

世界中のすべての人やものに共通することです。

たとえば、人間が意思疎通を図るときに「言語を使うこと」や「生きるためには食べないといけない」などは、全ての人に共通している普遍的なものだと言えます。

また、宗教や文明によらない人類共通の価値のことを「普遍的価値」と言います。

世界遺産は世界にとって価値のあるものですから、普遍的価値があると言えますね。

漢字の成り立ち

「普」は、「太陽の光が行きわたるさま」という意味が転じて「全体に行きわたるさま」。

「遍」は、「すべてを歩いて巡ること」という意味が転じて「すべてに広く行きわたるさま」を意味する漢字です。

どちらも「全体に行きわたる」という意味をもつ漢字なので、ここから「すべてに共通する」という意味になりました。

使い方(用例)

・人生の普遍的な悩みを描いた映画。

・万有引力は全宇宙に普遍的な法則だ。

・自分の思想が普遍的な思想だと思い込むのはやめたほうがいい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする