不憫の意味とは

スポンサーリンク

不憫の読み方

ふびん

不憫の意味

不憫とは、「かわいそうなこと」です。

結構見聞きする言葉ですよね。「気の毒なこと」という意味でも使われます。

「憫」という字は「哀れむ」という意味を持つ漢字ですが、「不憫」とするとなんだか意味が通りません。

実は、不憫という字は当て字で、本来は「不便」と書きます。

現在「不便」は、「便利でないこと・都合が悪いこと」という意味で使われるのが一般的ですが、不憫にも「都合が悪いこと」という意味があります。

意味をより分かりやすくするために、不憫と不便を使い分けるようになったのかもしれませんね。

「かわいい」という意味もある!

また、不憫には「かわいい」という意味もあります。

「かわいい」は、キュートで魅力的なものに対して使う言葉ですが、もともとは「気の毒」という意味合いがある言葉なんです。

人を哀れむ「かわいそう」という言葉と同じ言葉から派生したと考えるとわかりやすいでしょう。

使い方(用例)

・『レ・ミゼラブル』で一番不憫なのってジャベールだよな。

・震災で残された子供を思うと不憫でならない。

・今の若者は皆貧乏で、本当に不憫ですよね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする