フレックスタイムの意味とは

スポンサーリンク

フレックスタイムの意味

フレックスタイムとは、「勤務時間を自由に設定できる制度のこと」です。

「自由勤務時間制」「変形労働時間制」ともいい、出社時刻と退社時刻を自由に設定できる制度です。

1988年に労働基準法に正式に導入されました。

ほとんどの会社では、出退勤が完全に自由というわけではなく、必ず出勤していないといけない「コアタイム」と、決められた時間帯の中で出勤退勤時間を決める「フレキシブルタイム」とセットで取り入れています。

また、1日の勤務時間についても、1日8時間などと決めたうえで出退勤時間のみ自由にしている場合も多いです。

メリット・デメリット

その自由な働き方でフレックスタイム制に魅力を感じる人も多いと思いますが、もちろんいいことばかりではないようです。

フレックスタイム制で働くことのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

メリット

フレックスタイム制のメリットは、

  • 出勤時間をずらせるので、通勤ラッシュに巻き込まれない
  • 時間の管理を自分ですることで仕事の効率が上がり、残業が減る
  • 働き方の自由さから、人材の定着につながる

などがあげられます。

自分のライフスタイルに合った働き方を選べるなら、効率も上がりそうですし、仕事を好きになれるかもしれませんよね。

デメリット

いい点ばかりに感じるフレックスタイム制ですが、

  • 取引先などとの連携の時間設定が難しい
  • 自己管理が下手な人は「ルーズに働いてもいい」と間違った認識をしやすい

などのデメリットがあります。

そのため、一般的なサラリーマンなどの働き方にはあまり向いておらず、導入は難しいです。

フレックスタイム制は、研究者やデザイナーなど、時間に縛られなくても仕事ができる職種の人たちに向いている制度だということですね。

使い方(用例)

フレックスタイム制を導入してから、社内の雰囲気がよくなった。

・子供との時間が取れるので、フレックスタイムはありがたい。

フレックスタイム制のある会社で働きたいなあ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする