フレーバーの意味とは

スポンサーリンク

フレーバーの意味

フレーバーとは、「食べ物を口に入れた時に感じる香りや味のこと」です。

日本語だと、風味や香味と言い換えることができます。

「食品用の香料」と言う意味で使われることもありますが、これは日本でだけの使い方で、英語の場合は「フレーバリング」と言います。

人気アイスクリームショップの「31」でも、アイスクリームの味の種類をフレーバーと言いますよね。

また、食べ物の風味以外に、「詩や音楽に雰囲気を与える」という意味で使われることもあります。

同じく「香り」を意味する言葉には「アロマ」がありますが、アロマは口に入れなくても感じることができる香りの事を指し、微妙に違いがあります。

 フレーバードリンクが人気!

最近はフレーバーティーやフレーバーウォーターなどが流行しています。

フレーバーティーとは、茶葉に香りを付けたお茶のことです。

紅茶の茶葉にベルガモットオレンジの香りを付けたアールグレイティーや、緑茶やウーロン茶にジャスミンの香りを付けたジャスミンティーなどが人気ですね。

また、フレーバーウォーターは最近流行し始めたドリンクで、ハーブや果物などを水に浸した飲み物です。

自分の好みで作れることから、女性を中心に人気を集めています。

使い方(用例)

・期間限定のフレーバーをお楽しみください。

・ホットのフレーバーティーをトールサイズで1つください。

・ペプシコーラはあっと驚くようなフレーバーを発表して話題を集めている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする