エゴサの意味とは

スポンサーリンク

エゴサの意味

エゴサとは、「ネット上で自分の名前を検索すること」です。

エゴサーチの略で、「エゴ」はラテン語で「私」や「自尊心」という意味、「サーチ」は英語で「探す」という意味の言葉です。

たとえば、ブログをやっている人は自分のブログ名やハンドルネームなどを検索するようなことですね。

自分のブログあるいは自分自身がネット上でどのような評価をされているのかを確認することが目的の行為です。

また、自分自身のこと以外にも、自分が勤めている会社や商品など、自分に身近なものを検索することもエゴサに含まれるとされています。

最近は芸能人が自分の名前をエゴサして、評価をチェックしてることもあるそうです。

エゴサの誤用とは?

最近、ただ「検索する」という意味でエゴサが使われていることがあります。

たとえば、「台風についてエゴサした」や「旅行プランのエゴサした」など、自分とは関係のない情報を調べるときにも使われています。

これは誤った使い方ですが、ツイッター上ではこの使い方も定着してきているようです。

使い方(用例)

エゴサしても自己肯定感は上がらないぞ。

・あの芸人、エゴサめっちゃしてるらしいよ。

・一般人でエゴサしてるやつは何を求めてるの?

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする