ドラフトの意味とは

ドラフトの意味

ドラフトとは、

  1. 人を選抜すること
  2. 下書きや草稿のこと

です。

ドラフトは様々な分野で使われる言葉で、意味もたくさんあります。

中でもよく聞くのは、野球の「ドラフト会議」や生ビールを意味する「ドラフトビール」などですね。

建築業の人などは設計図やその下書きのことを「ドラフト」と呼ぶこともあるかと思います。

英語としては「すきま風」や「徴兵」など、カタカナ語よりもっとたくさんの意味で使われます。

語源・由来

ドラフトの語源は、「引く」という意味のラテン語です。

つまり、ドラフト会議は「人を引く(引き抜く=選抜する)」、ドラフトビールは「樽から引いたビール」、設計図や下書きを意味するドラフトは「線を引いた図」という風に読み解くことができます。

ドラフト会議の仕組み

野球ファンにとっては、年に一度のドラフト会議も楽しみの一つですよね。

ドラフト会議とは、「プロ野球において新人選手の獲得交渉権を得るための会議」です。

プロ志望届を出した「日本国籍の選手」および、「日本の学校に在学、社会人団体に所属した経験のある選手」を対象に、ほしい選手を各球団が指名します。

現在、プロ野球入りするためには、必ずドラフト会議を通じないといけないルールがあり、ドラフト外入団は認められていません。

入団拒否はできるの?

ニュースでは、高校野球などで人気を集めた選手の交渉権をめぐって、多数の球団がくじ引きをする場面が流れますよね。

あのくじで当たりを引くと、その球団にだけ交渉権が与えられるということです。

あくまでも当たりを引いた球団は「交渉権」を得るだけなので、交渉内容によってはもちろん拒否することも可能です。

しかし、次のドラフト会議までは他の球団とは交渉ができないため、拒否した年はプロ野球入りができず、「野球浪人」状態になります。

使い方(用例)

・大型新人をかけて、今年のドラフト会議は大盛り上がりだ。

ドラフトビールのお祭りが横浜で開催されるそうだ。

・建築の授業でドラフトの書き方について勉強した。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク