憧憬の意味とは

スポンサーリンク

憧憬の読み方

どうけい・しょうけい

※どうけいは慣用読み

憧憬の意味

憧憬とは、「あこがれること」です。

人に対しても場所に対しても、理想とするものに憧れを持つことを「憧憬を抱く」「憧憬を感じる」と言ったりします。

日常会話ではほとんど使いませんが、小説などの文章や作品のタイトルなどで使われることがある言葉です。

先に「どうけいは慣用読み」と書きましたが、慣用読みとは「本来は間違っているが、そのまま一般に定着した読み方」のことです。

つまり、もともとは「しょうけい」と読まれていたんですね。

現在はほとんどの人が「どうけい」と読んでいるため、しょうけいと言っても伝わらない場合が多いと思います。

使い方(用例)

・アイドルに憧憬を抱いていた彼女はオーディションをたくさん受けていた。

・小学生のうちは頭が悪くても運動神経がよければ憧憬のまとになれる。

・彼女の一匹狼なイメージに、ひそかに憧憬を感じていた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする