デトックスの意味とは

スポンサーリンク

デトックスの意味

デトックスとは、「体内から毒素を排出すること」です。

「解毒」という意味の英語「detoxification」を短縮した言葉です。

最近、テレビなどでよく聞くようになり、特に健康や美容の分野で注目されています。

カタカナ語としては解毒というよりは「古いものと新しいものが入れ替わること」を表す「代謝」という意味で使われることが多いです。

デトックスでいうところの「毒素」とは、「食品添加物」や「有害ミネラル」、「ダイオキシン」などのような食事や空気にも含まれるもののことを指します。

デトックスにはダイエット効果があるの?

デトックスの代表例としては、「水をたくさん飲む」や「スパや運動で汗をかく」などがよく挙げられます。

食生活を改善したり、岩盤浴やヨガで発汗するなどして、体から毒素を排出することによって、体の不調が軽減されたり免疫を高めることがデトックス効果と呼ばれます。

また、有害物質は脂肪に蓄積されやすいという理由から、デトックスにはダイエット効果もあると言われることも多いです。

実際、「デトックススープ」と呼ばれる野菜スープを飲み続けた芸能人が痩せたといっていることもありますよね。

しかし、ダイエット効果に関しては明確な根拠などはなく、人によっては全く無意味だということもあり、実際は何とも言えません。

使い方(用例)

・なんか最近具合悪いからそろそろデトックスしたいな~。

デトックスフードとしては玉ねぎがお手軽で取り入れやすい。

・次の休みはスパに行ってたっぷりデトックスするぞ!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする