デリケートの意味とは

スポンサーリンク

デリケートの意味

デリケートとは、「感受性が強く、繊細なさま」という意味の言葉です。

感情や性格だけでなく、話題や食品などの繊細さについても使う言葉です。

たとえば、とても繊細なデコレーションのケーキや、触れにくい問題などのこともデリケートと表現します。

ちなみに、デリケートの名詞形は「デリカシー」です。

「配慮や思いやりのない、無神経な人」のことを「デリカシーのない人」と言いますね。

「センシティブ」「ナイーブ」との違いは?

同じく「繊細」という意味の言葉には「ナイーブ」や「センシティブ」があります。

ナイーブは「純真で繊細」という意味の言葉ですが、英語圏では「世間知らず・馬鹿正直」という意味で使われることが多く、あまりいい意味ではありません。

また、センシティブは、ナイーブやデリケートよりももっと「感受性が強く、傷つきやすい」という意味合いが強い言葉です。

使い方(用例)

デリケートな話題なので、あまり触れないようにしよう。

デリケートな商品ですので、お気をつけてお持ちください。

・彼女には結構デリケートな一面もある。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする