脱オタの意味とは

スポンサーリンク

脱オタの意味

脱オタとは、「オタクっぽい趣味や服装などをやめること」です。

漫画やアニメなどの自分のオタク趣味を絶ったり捨てたりすることや、身だしなみを清潔に保つように気を遣うことなどを脱オタといいます。

現在はオタク趣味に対する理解も広まり、むしろオタク文化は「クールジャパン」の中の一つであると評されるほどですが、ちょっと前までは「オタク=キモイ」と思われていました。

というのも、オタクにはコミュニケーション能力が劣っている人や、身だしなみに無頓着で、清潔感のない人が多いという認識があったんですね。

オタク趣味を捨てたりファッションに気を遣うことによって、「キモイ」と言われることによる劣等感を当人が克服することや、社会的に見て好ましい人に成長することを脱オタと言います。

ファッションを変えるってどういうこと?

「キモイ」と言われることが多いオタクファッションは「秋葉系」とよばれるものです。

秋葉系ファッションは非常に幅が広いため、定義が難しいのですが、流行から極端に外れたものや、安くて大量生産されていそうな無個性なファッションなどがあげられます。

「脱オタファッション」と呼ばれる服装は、簡単に言えば「おしゃれ風に見える服装」です。

清潔感があって、スタンダードな服装にすることを心がけることでファッションでの脱オタは簡単にできます。

 使い方(用例)

脱オタしろって言わない人と結婚したい。

脱オタ頑張ってたんだけど、一番好きなアニメの新作発表されて諦めた。

・モテたいから脱オタしよう!!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする