コントラストの意味とは

スポンサーリンク

コントラストの意味

コントラストとは、「対比」という意味の言葉です。

画像編集するときによく使われる言葉です。

現在はスマホが普及して、アプリを使えばだれでも簡単に画像編集できるのでかなり身近な言葉だと思います。

コントラストは「対比」という意味で、写真やテレビ画像などでは「明るい部分と暗い部分との明暗の差」という意味で使われます。

明暗の差が大きい画像ほど「コントラストが強い」といわれ、コントラストが強いとくっきりとしたメリハリのある画像になります。

たとえば、真っ青な背景に真っ黄色の花が描いてある画像は色の違いが大きいのでコントラストが強いということになり、薄ピンクの背景に白い花が書いてある画像は色の違いが小さいのでコントラストが弱いということです。

ほとんどの場合、コントラストは視覚効果やデザイン・イメージなどに役立てられるものとして扱われますが、比喩的に「他のものと質に著しい差がある人」などに対して使われることもあります。

使い方(用例)

・桜と菜の花のコントラストが美しいことで有名な花畑に行く。

コントラストが強い食べ物はかわいくてインスタ映えする。

・異素材のコントラストがかわいいソファを買った。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする