コンセンサスの意味とは

スポンサーリンク

コンセンサスの意味

コンセンサスとは、「複数人の意見の一致」のことです。

ビジネスや政治などで使われることの多い言葉です。

ただの同意や多数決とは別物で、その場にいる人から反対意見がまったく出ない「完全な合意」という意味の言葉です。

ただの同意や賛成を表す場合は、「アグリーメント」を使ったほうがいいでしょう。

ただし、国民などのように数が多く、完全な合意を得るのが難しい場合は「大多数の合意」を意味して使われる場合もあります。

場面によって変わる意味!

基本的には「意見の一致」ですが、ビジネスで使う際には、「ものごとをスムーズに進めるための根回し」を意味することもあります。

上司に「会議の前にコンセンサスを取っておいて」と言われたら、「会議がスムーズに進むように根回ししておいて」という意味だと考えることができます。

また、多数決ではなく全員が同意することによって決議する会議の方式を「コンセンサス方式」と言います。

なお、政治では「世論」、株式市場では「株価や業績、経済指標の予想値」などを表す言葉として用いられます。

使い方(用例)

・今回の会議はコンセンサス方式で行います。

・その分野について研究者たちのコンセンサスは得られていない。

・その案件、ちゃんとコンセンサスとってんの?

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする