クレームの意味とは

スポンサーリンク

クレームの意味

クレームとは、「苦情」「不満を表す行為」のことです。

買った商品に欠陥があったり、店員の態度があまりにも悪いときなどに「クレームをつける」というように使いますね。

もともとは企業どうしの契約で違約があった場合に生じた損害に対する賠償請求のことでしたが、日本ではほとんどの場合が、客が企業や店に苦情を言うことという意味で使われます。

本来なら「complain」が苦情という意味を持つ英語ですが、カタカナ語としては「クレーム」が定着しています。

ちなみに、英語でのクレームは「要求する」「請求する」という意味の言葉です。

フランス語だと意味が違います。

「クレームブリュレ」など、お菓子の名前で使われる場合は「クリーム」という意味のフランス語です。

濃厚で甘いリキュールのことを指す場合もあります。

クレーマーにならないためには?

クレームは「正当で当然の権利を要求すること」ですが、最近は自分勝手で理不尽な苦情をつける人も多いようです。

不当な理由でクレームを入れる人を「クレーマー」と言い、中でも脅迫要求してくる人のことを「モンスタークレーマー」と言います。

たとえば、「買った商品がいらなかったから返品・返金してほしい」と理不尽な要求をしてきたり、要求が通らないときに「ふざけるな!」と声を荒らげるような人がモンスタークレーマーです。

すぐに逆上して怒鳴り散らかすのではなく、まずは自分で対処しようとする姿勢を持ちましょう。

使い方(用例)

クレーム対応に長けた人材を育成する制度を作ろう。

・今日クレームつけてった客マジで意味わかんなかったな。

・理不尽なクレームを入れてくる人は、接客業をやってみてほしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする