中庸の意味とは

スポンサーリンク

中庸の読み方

ちゅうよう

中庸の意味

中庸とは、「考え方や行動に偏りがなく、常に変わらないこと」という意味の言葉です。

日常的に使うシーンはほとんどありませんが、覚えておくと便利な言葉です。

「過不足がなく、調和がとれていること」を指し、「中立な」考え方や行動と考えるとわかりやすいと思います。

どんな状況になっても、善と悪のどちらにも偏ることがなく、常にそのままの状態であり続けることを意味します。

また中庸は、古代ギリシャではアリストテレスの「メソテース」という言葉で、倫理学上の一つの徳目として尊重されています。

「過少と過大の両極端を悪徳として、正しい中間を中庸とし、それを見出して選ぶこと」を徳としました。

儒教における中庸

中庸は、儒教において「四書」の一つで、中心的概念の一つでもあります。

儒教とは、孔子を始祖とする思想や信仰の体系のことで、古代中国でおこったものです。

上述の「偏りがないこと」という意味は、この需要での考えから来ているんですね。

文献初出と言われているのは、『論語』の中で「中庸の徳たるや、それ至れるかな」と孔子に賛嘆されたことだと言われています。

現在中庸は四書の1つとして広く知られていますが、もともとは『礼記』の中の一篇と言われており、成立や作者には諸説あるようです。

使い方(用例)

中庸な姿勢を崩さない彼は、非常に信頼されている。

・最初は中庸な立場でいようと思っていたが、つい反対の意見を言ってしまった。

・彼は中庸の道を踏むべく修行に出た。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする