カタルシスの意味とは

スポンサーリンク

カタルシスの意味

カタルシスとは、「心にため込んだモヤつきが晴れて、感情が解き放たれること」です。

「精神の浄化」とも言います。

映画を見たあとや歌を聴いたあとにたくさん泣いたり、友達とたくさん話したりしたあとはすっきりしますよね。

その「すっきりした」という気持ちがカタルシスを感じるということです。

カタルシスを得ると、精神が健康になるとされています。

哲学、心理学、演劇学、精神医学やカウンセリングなど、様々な分野で使われる言葉です。

また、最近は「嫌な思いを晴らす」という軽い意味で使われることもあります。

語源・由来

カタルシスは、「浄化」を意味する古代ギリシャ語です。

ギリシャの哲学者アリストテレスが、自身の本である『詩学』の「悲劇論」で、「悲劇が観客に恐れと憐れみを呼び起こすことで精神を浄化する効果がある」と書いたことに由来しています。

ちなみに、ギリシャ語ではkatharsis、 英語ではcatharsisと表記に違いがあります。

さまざまな場面で用いられるカタルシス

もともとは演劇用語として使われていましたが、「薬を使って吐かせたり、下痢を起こさせたりする治療行為」を指す医療用語として使われるようになりました。

また心理学で「抑えられた気持ちなどを話したり動いたりして解消すること」を指して使います。

他にも精神分析医のフロイトは、「催眠療法と悲惨な話を聞かせて泣かせること」を用いたヒステリー治療法による除反応のことを「カタルシス」と呼んだため、この意味でも使われます。

使い方(用例)

・親友との久しぶりのディナーでカタルシスを感じた。

・この小説は読み進めるほどカタルシスを得られる。

・怒涛の展開を目の当たりにしてカタルシスを体感する。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする