ブッチの意味とは

スポンサーリンク

ブッチの意味

ブッチとは、「正当な理由がないのに約束を破ること」です。

学校やアルバイトを無断欠席したり、友達との約束を破ったりしたときに使います。

「サボる」や「ドタキャン」と同じような意味ですね。

ただし、許可なく欠席することといっても、たとえば風邪がひどくてとても電話できる状態ではなかったり、親族が亡くなってどうしても連絡ができなかったりしたときは、正当な理由があるので「ブッチ」にはなりません。

また、電話を一方的に切ることもブッチと言います。ガチャ切りとも言われますね。

ラインでは「既読がついているのに返信がない状態」を「既読ブッチ(既読スルーとも)」ということもあります。

語源・由来

「ブッチ」はもともと、ヤンキーや暴走族などの不良たちが使っていた言葉です。

暴走族が「追いかけてくるパトカーを大きく引き離すこと」や、「交通検問を無視して逃げること」を「ぶっちぎる」と言っていました。

ここから「無視する」という意味が残り、「約束を無視する」という意味に転じたんですね。

ブッチは「ぶっちぎる」の省略だと覚えておきましょう。

使い方(用例)

・連絡なんてないよ、どうせまたブッチでしょ。

・も~全部面倒くさい、今日の予定ブッチしちゃお……。

ブッチすんなら電話かけてくんなよ酔っ払い!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする