歩留まりの意味とは

スポンサーリンク

歩留まりの読み方

ぶどまり

歩留まりの意味

歩留まりとは、「使用した原料に対して、どれだけ製品として出来上がったかの比率」のことです。

たとえば、100㎏の原料から20㎏が不良で製品にできなかった場合、80㎏が歩留まりとなります。

わかりやすく言うと、「製品として完成した分」のことを指します。

なお、歩留まりの具体的な比率のことを「歩留まり率」と言い、生産性や効率性の優劣をはかる一つの目安になるもので、重要視されます。

先に述べた例だと、80%が歩留まり率ですね。

もちろん無駄がない100%になるのが理想ですが、現在の技術では不可能だとされています。

食品にも使う言葉です。

食品を加工した時に、食べられる部分の比率のことも歩留まりと言います。

動物や魚には食べられない骨や内臓がありますが、そこを引いた食べられる部分が歩留まりです。

大根なんかは、葉も皮も実もすべて食べられて「捨てるところがない!」と言われることも多く、歩留まり100%の食材だと言ってもいいかもしれませんね。

使い方(用例)

歩留まり率を上げられるように、製造工程を見直している。

歩留まりが向上したことで、一つ一つの単価を挙げることに成功した。

・この魚は食べられるところが少なく歩留まりが悪いが、味は極上だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする